立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】

こんな時どうする?

家族の関係

「離婚したいけど相手が応じてくれない」

まず、相手方に不貞行為などの有責事由があれば、裁判により離婚を認められるのが原則です。DVや生活費を払ってくれないことなども有責事由に当たりえます(もっとも立証が必要です)。

また、相手方に有責事由がなくても、当方が有責配偶者でなければ、すでに別居している場合、別居期間が長引くと裁判で離婚が認められる可能性が高まります。
期間は一概には言えませんが、近年は口頭弁論終結時点で3年程度経過していると認められることが多いようです。
ただし、離婚の訴訟をする前には原則として調停を先に行なうことになっています(調停前置主義)。

ただ、以上は一般論であり、当てはまらない場合もありますので、個別の案件については弁護士にご相談ください。

離婚については詳しくは(こちら)をご覧ください。