立川・所沢で弁護士をお探しなら【多摩中央法律事務所】

任意整理

任意整理とは、借り手(実際には代理人弁護士)と金融業者との間で交渉して、原則元本だけの分割払いを認めてもらうことです。

すなわち、まず現状の額を利息制限法にしたがって引きなおしたうえ、その額で固定(今後の利息をなくす)し、分割(標準的には概ね5年以内で、ご依頼者様の希望を考慮しつつ業者と交渉で決める)で返すことを借り手と業者の間で取り決めるという手続きです。
*分割回数は場合によってはもう少し長くすることもできます。

裁判所を通さない手続きで、どのような合意内容にするかは当事者同士で決めることになります。(弁護士がご依頼者様のために交渉します)

法的には、どういう内容にするかという制約は、それほどありませんが、業者との合意が必要なので、月々の返済をどこまで減らせるか、という点については、ある程度限界があります。(最大5年程度という条件を付けて来る業者も多いです。ただ、業者によっては、交渉によりもう少し長期で和解できる場合もあります)

【任意整理のメリット】
・引き直し計算で過払い金が見つかることがある
・将来利息(和解後の利息)をゼロにできる
・月々の支払い金額を交渉で決めることができる
・原則として住宅ローンには影響しない(ただし同じ債権者の場合は要注意)
・車のローンに介入しなければ車は残せる
・知り合いなど一部債権者を外すことも可能

【任意整理のデメリット】
・信用情報に記載される
・利息制限法内での取引の場合は元本は減らない

分割回数をどのように決めるか?

消費者金融やカード会社の借入等による債務はたいていはもともと分割払いですが、この手続きを行えば、利息制限法違反の部分がある場合には引き直し計算をすることで債務を減らせる(債務が消えて過払い金を回収できることもある)、 多くの場合には元本だけの返済でよくなり、将来の利息は原則としてなくせる、という点で、メリットがあります。*一部に将来利息をなくすことに同意しない業者もありますが、今のところそういう業者は少数です。

利息制限法に反する高い利息で借り入れていた方(現在も高い利率の場合はもちろん、現在は適法利息に変更されている場合も含む)や、いくら払っても利息にばかり当てられてしまって借金が減っていかない、というような方には、一般にメリットが大きいと思われます。

また、計算の結果、過払い(払い過ぎの利子を元金に充当してもなお余剰が出る場合)になっていることが判明すれば、過払い回収に移行します。実際、任意整理のために法律事務所を訪れた方が、取引履歴の開示を受けて引きなおし計算をした結果、過払いになっていて、逆に取り戻せたという事例は多くあります。

なお、任意整理は、計算の結果過払いになっていた場合を除くと、分割で返していく手続きですから、元本だけ、概ね5年払いという条件でも返済できない家計の状況の場合は、家計を改善しない限り、任意整理での処理は難しく、基本的に、民事再生か自己破産を選択せざるを得ない可能性が高くなります。

返済期間をそれより長くすることは、取引の状況や業者によっては応じてくれることもありますが、交渉が難航する場合が多いです。ただ、当事務所では、ご依頼者様の家計の上記が厳しい場合は、できるだけ、長期の弁済での任意整理も成功させるように尽力します。交渉により、業者によっては、残債務額や家計の状況により、7年~8年程度の長期分割に応じてくれる場合があります。それゆえ、上記の、5年、というのは目安であり、もう少し長期での和解ができる場合もあります。

参考1:任意整理の分割は何年間まで可能か?
参考2:月々の支払額決定の方法
参考3:一括弁済で減額できるか?
参考4:銀行のカードローンの任意整理
参考5:過払い金がなくても任意整理のメリットはあるか?

関連ページ

自己破産      民事再生      債務整理Q&A     弁護士費用